前立腺の肥大やがんを発症していないかどうかを調べます

前立腺は男性だけにある器官で、恥骨と直腸に挟まれる位置にあります。直腸のすぐ下には肛門があるので、肛門から指を挿入すれば、直腸の壁越しに前立腺に触れることができます。直接前立腺に触れて、その弾力や大きさを調べる検査を「直腸診」といいます。

直腸診は簡単かつ安全に前立腺がんや前立腺肥大症を調べることができるため、広く行われています。正常な前立腺は、滑らかで弾力がありますが、前立腺肥大症になると、本来の大きさであるクルミ大よりも大きくなり、性状ならふれて分かる溝のような構造が分かりにくくなります。前立腺がんの場合は、表面の滑らかさが失われ、凹凸が生じ、硬くなります。

多くの患者さんを診てきた医師なら、この直腸診でこの二つの病気の診断をつけることができます。ただし、直腸診で把握できるのは、直腸側だけであることにくわえ、早い段階の病変はわからないという欠点もあります。

直接触れるのではなく、形状の変化を画像で調べようというのが「超音波(エコー)断層検査」です。これは調べたい部分に超音波を当て、その反射をコンピューターで画像化するもので、苦痛などの負担が全く無いのがメリットです。以下の二つのタイプがあります。

一つは、下腹部にプローブ(超音波の送受信装置)を当てて、前立腺の様子を観察する「経腹的超音波断層検査」で、前立腺肥大の様子や膀胱がん、膀胱結石などの確認にとても有効な検査です。もう一つは、肛門から細長いプローブを直接挿入して、その位置から超音波の送受信を行う「経直腸的超音波断層検査」です。経腹的に行う検査よりも対象とする部分に近いため、より正確な情報を得ることができますが、直腸内にプローブを入れるので多少の不快感が生じるのが欠点です。

体のどこかにがんを発症すると、血液中に特定の物質が増加します。この物質を「腫瘍マーカー」といいますが、前立腺がんを発症した場合に増加が見られる代表的な腫瘍マーカーに「PSA」があります。健康な人の血液の中にもPSAはみとめられますが、がんがあると数値は高くなります。ただし、前立腺肥大症など他の要因でも数値は変化しますので、高値だからといって直ちにがんがあるということにはなりません。スクリーニング(ふるいわけ)として行われており、数値が以上だった場合には精密検査で詳しく調べるという活用がなされています。