泌尿器科で尿を採取して、細菌の有無を調べることで病気が分かります

膀胱や尿道、前立腺などに炎症があると、程度が軽い場合は違和感を感じるくらいで済みますが、そうで無い場合は尿を出すときに鋭い痛みを感じる(排尿痛)ことがあります。

シカシカとした鋭い痛み

膀胱炎は急性と慢性の二つのタイプがあり、前者は大腸菌などが膀胱に感染することで急に発症する病気で、患者さんの大半は女性です。これは男性と異なり女性の尿道は短いため、細菌が尿道を伝って膀胱内に入りやすいという構造上の理由だと考えられています。

急性膀胱炎の痛みは、尿を出し終えた頃に痛みが出る(終末時排尿痛)のが特徴で、頻尿や残尿感、尿の濁り、肉眼で分かるほどの血尿などが伴っていることもあります。通常、発熱はありませんが、高熱が出る場合は暴行だけでなく、腎臓にまで細菌が入り込み腎盂腎炎という病気を併発している可能性があります。

尿検査や細菌検査を行えば、急性膀胱炎かどうかの診断がつきます。抗生物質をキチンと服用すれば、通常1週間以内に直るので、深刻に考える必要はありません。しかし、症状が消えたからといって、抗生物質の服用を決められた期間以前に勝手に止めてしまうと、残っていた細菌が再び増殖するので注意が必要です。

予防法としては水分をこまめに摂取して尿量を増やし、細菌が自然に体外に排出されるされるようにします。また、陰部を清潔にしたり、血流をよくするため下半身を暖かくする、トイレを我慢しないことなども大切です。

一方、慢性膀胱炎では、排尿痛や頻尿などの症状が長期にわたって続き、抗生物質を服用してもなかなかな治りません。急逝の膀胱炎と違い、こちらは男性も女性にも起こります。原因は膀胱がん、膀胱結石、前立腺肥大症、糖尿病、亭活動膀胱で膀胱内に残った尿のため、膀胱内の炎症が長く続いていることが考えられます。

尿道炎は男性の病気で、通常性行為によって感染するため、性行為感染症として分類されます。症状としては排尿痛とともに尿道口が赤く腫れあがり、ドロッとした膿が出てきます。性行為のあと10数日で発祥しますので、患者さんは身に覚えがあってこの病気だと気が付きます。

尿道炎の原因の大半はクラミジアと淋菌の感染で、淋菌に感染した場合のほうが症状が早く現れ、また痛みも強いのが一般的です。クラミジアと淋菌では治療薬が異なり、稀に両方同時に感染していることもあるので、原因となる菌がどちらなのかを確実に同定することが重要となります。

前立腺炎は前立腺内に細菌が浸入して発祥するものです。排尿痛に始まり、頻尿、残尿感、排尿困難、酷い場合には高熱などの症状も伴います。治療としては抗生物質が処方されます。