性交渉が感染の原因となるため治療はパートナーも一緒に

尿道に起きる感染症である「尿道炎」は、その原因菌が「淋菌」によるものであるか、あるいはクラミジアなどの淋菌以外による感染によるかで分別されます。女性よりも男性の方が尿道が長いため、尿道炎は男性に多く見られます。逆に女性の場合は膀胱炎や膣炎が多くなっています。

排尿時の痛みと尿道から出る膿が代表的な尿道炎の症状となっており、淋菌に感染した場合のほうがそうで無い場合よりも症状が強い形で現れます。ただし治療にかかる期間はクラミジアなどの「非淋菌性」タイプのほうが長くかかります。

非淋菌性の尿道炎は、菌が尿道に進入してから発症するまでの潜伏期間が長いため、いつ感染したかがはっきり分からなかったり、淋菌性よりも症状が比較的軽いため、泌尿器科への受診が遅れて、治療が後手後手に回ってしまうのも直りにくい原因となっています。

尿道炎の治療は難しいものではなく、大抵の場合、抗菌薬の服用を続けるだけで症状は消えます。ただし、最近は抗菌薬に耐性を持つ菌が増えているので、医師から薬をやめてよいといわれるまでは、処方された抗菌薬を飲みきることが大切です。自己判断で服用を止めると、生き残った菌が増殖し、症状が再び現れるだけでなく、薬が効きにくくなってしまいます。

多くの場合、感染経路は性交渉となっていますので、医師の診察を受ける場合は、パートナーと同伴することをお勧めします。淋菌性の尿道炎が慢性化すると尿道狭窄が起きたり、女性の場合は感染が子宮にまで広がり、最悪の場合は妊娠ができなくなってしまいます。